ハイレバレッジ可能な海外FX 業者を選ぶ際にはレバレッジとロスカットレベルの関係が大事!

海外FX レバレッジとロスカットレベル

海外FX

海外FXのロスカット|例えば1円の変動でありましても…。

投稿日:

FX比較サイトをピックアップ


5000米ドルを買って持ち続けている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」と言います。当たり前ですがドル高へと進んだ時には、即行で売却して利益をゲットしてください。
「デモトレードに取り組んで収益をあげることができた」としましても、本当のリアルトレードで利益を得ることができるという保証は全くありません。デモトレードと言いますのは、いかんせんゲーム感覚でやってしまいがちです。
スプレッドと称される“手数料”は、株式などの金融商品と海外FX優良会社ランキングで比較しても、超低コストです。はっきり言いますが、株式投資の場合は100万円以上の「売り買い」をすれば、1000円程度は売買手数料を徴収されます。
小さな額の証拠金によって大きな売買が可能なレバレッジではありますが、イメージしている通りに値が動けばそれに見合ったリターンを獲得することができますが、反対の場合はある程度の被害を食らうことになるのです。
トレードの進め方として、「上下どちらかの方向に値が振れる短い時間の間に、薄利でもいいから利益を手堅くもぎ取る」というのがスキャルピングなのです。

「仕事上、毎日チャートをチェックすることはできない」、「為替に影響を齎す経済指標などを適時適切に確かめられない」と言われる方でも、スイングトレードだったらそんなことをする必要もないのです。
スキャルピングをやる場合は、わずか数ティックでも欲張らずに利益を確保するという気構えが求められます。「更に高くなる等という思いは捨て去ること」、「欲はなくすこと」が求められます。
海外FXに関しては、「外貨を売る」ということから取引を始動することも可能ですが、このように外貨を所有しないで「外貨を売っている状態」のことも、「ポジションを持っている」と言います。
海外FX取引の中で、最も実践している人が多い取引スタイルだと言われているのが「デイトレード」になります。1日というスパンで獲得できる利益を手堅くものにするというのが、この取引方法になります。
スイングトレードの場合は、短くても数日から数週間、長期という場合には何カ月にも亘るという取り引きになりますから、常日頃のニュースなどを踏まえて、数日から数ヶ月タームの世界的な経済情勢を予想し投資することができるというわけです。

海外FX関連用語であるポジションと言いますのは、それなりの証拠金を差し入れて、スイスフラン/円などの通貨ペアを売買することを言うわけです。余談ですが、外貨預金にはポジションという概念はありません。
例えば1円の変動でありましても、レバレッジが1倍の時は1万円の損益ということになりますが、10倍の時は10万円の損益になるというわけです。結論として「レバレッジが高くなるほど損失を被る確率も高くなる」ということなのです。
FX取引においては、あたかも「てこ」の様に僅かな額の証拠金で、その額の25倍までという取り引きが可能になっており、証拠金と現実の取り引き金額の比率を「レバレッジ」という名で呼んでいます。
スキャルピングの正攻法は諸々ありますが、いずれにせよファンダメンタルズに関しては問わずに、テクニカル指標だけを活用しています。
海外FXが老いも若きも関係なく急速に進展した素因の1つが、売買手数料がビックリするくらい割安だということです。今から海外FXをスタートすると言うなら、スプレッドの低い海外FX会社を選択することも必要だと言えます。

-海外FX

Copyright© 海外FX レバレッジとロスカットレベル , 2019 All Rights Reserved.

// PC用コンテンツ