ハイレバレッジ可能な海外FX 業者を選ぶ際にはレバレッジとロスカットレベルの関係が大事!

海外FX レバレッジとロスカットレベル

海外FX

海外FXのレバレッジ|「忙しくて昼間の時間帯にチャートに目を通すなんて困難だ」…。

投稿日:

FX口コミランキングをピックアップ


トレードの一手法として、「値が上下どちらか一方向に変動する一定の時間内に、薄利でもいいから利益を着実に確保しよう」というのがスキャルピングというトレード法になります。
証拠金を基にして特定の通貨を購入し、そのまま保持し続けていることを「ポジションを持つ」と言うわけです。それとは逆パターンで、保持している通貨を決済してしまうことを「ポジションの解消」というふうに言います。
チャートの値動きを分析して、買い時と売り時の判定を下すことをテクニカル分析という名で呼びますが、これさえできるようになれば、売買の好機を間違うことも少なくなるはずです。
FX会社に入金される収益はスプレッドが齎しているのですが、例を挙げれば英国ポンドと日本円を売買する場合、FX会社はお客様に対して、その外国通貨の買いと売りの為替レートを適用することになるのです。
海外FXを行なう時に、国外の通貨を日本円で買うと、金利差に該当するスワップポイントを獲得できますが、高い金利設定の通貨で低い通貨を買いますと、逆にスワップポイントを支払う必要があります。

海外FXでは、「外貨を売る」ということから取引を始めることも可能なのですが、このように外貨を保持せずに「外貨を売っている状態」のことも、「ポジションを持っている」と言われるのです。
ポジションについては、「買いポジション」と「売りポジション」の2つがあるのですが、このポジションというのは、取り引きをした後、決済せずにその状態を持続している注文のことなのです。
レバレッジのお陰で、証拠金が低額でもその25倍もの「売り・買い」を行なうことが可能で、大きな収益も見込むことができますが、それとは裏腹にリスクも高くなるのが普通ですから、しっかりと吟味してレバレッジ設定することが大事になってきます。
スプレッドと呼ばれているのは、トレードにおける「買値と売値の差」のことになります。このスプレッドこそが海外FX会社に徴収される手数料であり、それぞれの海外FX会社でその数値が違います。
「売り買い」する時の価格に若干の差を設けるスプレッドは、FX会社のみならず銀行でも異なる名前で導入しているのです。しかもとんでもないことに、その手数料というのが海外FX会社の150~200倍というところが少なくありません。

海外FX取引をする上で覚えておかなければならないスワップと呼ばれるものは、外貨預金においての「金利」だと思ってください。とは言っても大きく異なる点があり、スワップという「金利」は「受け取るだけではなく取られることもある」のです。
海外FX口座開設の申し込み手続きを終了して、審査に通ったら「ログインIDとパスワード」が簡易書留などで郵送されてくるというのが基本的な流れではありますが、ごく一部の海外FX会社はTELで「必要事項確認」をしているとのことです。
「忙しくて昼間の時間帯にチャートに目を通すなんて困難だ」、「為替にも関係する経済指標などをタイムリーに目視できない」と思っている方でも、スイングトレードであればそういった心配をする必要がないのです。
レバレッジというのは、納付した証拠金を元にして、最高でその額の25倍の「売り・買い」が許されるというシステムのことを指します。例えば50万円の証拠金で20倍のレバレッジをかけるとすると、1000万円という「売り買い」が可能になってしまうのです。
ここ最近のシステムトレードの内容をチェックしてみると、他の海外FXプレーヤーが考えた、「一定レベル以上の収益を出し続けている自動売買プログラム」をベースに自動売買が行なわれるようになっているものがかなりあるようです。

-海外FX

Copyright© 海外FX レバレッジとロスカットレベル , 2019 All Rights Reserved.

// PC用コンテンツ